【株式投資】長期投資を本格的に始めようと思ったきっかけ

投資手法

この記事では、私が株式投資で長期投資をメインに行うようになったきっかけについて記載しています。

投資を始めた頃は長期投資をするつもりはなかった

主に長期投資をメインで行っている私ですが、投資を始めたての頃は短期間での売買を繰り返していました。
資金を効率的に増やすには短期間での取引を数多くこなしていく方が良いと思ったからなのですが、実際は売買の回数を増やすと資金が早いスピードで減っていることに気付きました。

早く資金を増やすために短期間での取引をしていたはずなのに、全く逆の成果が上がっていたことになります。
結局、私が短期間での取引(デイトレードやスイングトレード)に慣れていない又戦い方を知らなかったことが大きな要因であると思いますが、想像していたことと全く逆の展開になったので、自分にはこの取引方法が向いていないのかもしれないと感じ始めました。

そして、短期間での投資で大きな損失を出した取引がきっかけとなり、長期投資をメインに運用を始めるべく勉強を開始しました。

中期・長期での投資手法について学び始める

短期間での投資は2年弱続けていましたが、前述した通りうまくいかず資金を減らしてしまっていたこと、大きな失敗もあり、この状況を打破すべく中期・長期での投資を意識するようになりました。

短期間での取引では、市場のトレンドや決算前後の銘柄など動きがありそうな銘柄に着目していましたが、長期投資では将来的に成長性があるかを判断しなければならず、現在のトレンドだけでなくこれから先のトレンドについても考えなければならないため、非常に奥が深く難しいと感じたことを覚えています。

また、短期・長期投資について色々調べるうちに、長期投資では購入した銘柄が数年かけて上昇した分で利益を得なければならないため資金効率は短期投資に比べると大きく落ちることがわかりました。一方で、長期投資では配当金や株主優待といったものを取得する機会が増えることにも気づきました。

短期投資では気にかけてもいなかった配当金や株主優待がこの時非常に優れたものだと感じ、長期間での投資を始めようと決意をしました。

長期投資先としての銘柄選びについて

長期間での投資をするにあたり、配当金や優待の内容について細かく確認をするようにしました。
というのも、長期間株を保有していたとして、株価が変動なし又は下落してしまっていた時に、配当金等が全くないと数年間の投資でマイナスの結果に終わってしまう(時間と資産の無駄使いとなる)可能性が高くなると考えたからです。

そのため、長期投資先としては配当金があり、長期間保有することで投資結果がプラスになる可能性が高い銘柄を選択し投資をしようと決めました。
株価に変動などがなくとも配当金を収入として得られれば数年かけて資産を積み上げていくことができますし、株価が下落したとしても、企業の財務に問題がなければ配当金を受け取り続けることができるため、数年はマイナスでもいずれプラスに傾くと考えました。(時間を味方につける戦い方です)

実際に長期投資はどうなのか?

長期投資を始めて、3年程度となりますが、今のところ投資先からの配当金などを受け取りながらストレスなく運用しています。(正確にはコロナショックで株価が大きく下落した時は焦りましたが、長期投資をする以上大きな市場変化もあることは許容していますので売ることは考えませんでした。)
もちろん中には大きくマイナスになってしまっている銘柄も多くありますが、配当金の支払いがあるため、気長にプラスに傾くまで持ち続けるつもりです。

デイトレードやスイングトレードと比較するとやはり資産が増えるペースは遅いですが、日々株のことを意識しすぎずに生活ができているのでストレスなく投資生活を続けられる点は非常に良いです。
短期間での投資をしていたときは毎日銘柄を追いかけ、トレンドを追いかけ、正直ストレスも多かったので、私には長期投資で少しづつ資産を積み上げていく手法が向いていたのだと始めてみてわかりました。

まとめ

この記事では私が長期投資を始めるきっかけとなった理由などについて記載をしました。

皆様それぞれ投資手法があり、それを始めるきっかけなどがあったと思いますが、今の自分のトレードが向いていないと感じている方は、別のトレード手法に思い切って変えてみるのも良いかもしれません。

私は短期間で一気に資産を築き上げた有名人のような人たちに憧れ、自分もそうなりたいと短期投資を続けていましたが、結局は自分に合わずストレスを抱え資産も減らしてしまっていました。
しかし、長期投資でコツコツ資産を増やすやり方が自分には向いているのだと気づくことができ、(短期間ですぐに資産を増やすことはできませんが)今はストレスなく投資生活を続けられています。

皆様も今のトレード手法が自分に合っているか再確認してみてはいかがでしょうか、自分にとってより良い投資手法が見つかるかもしれません。

※株式投資は元本が保証されていませんので、自己責任で慎重に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました