【心理変化】含み益が増加したとき、利確のタイミングは?

投資の心理コントロール

このページでは含み益が増加していくときの心理変化や利確のタイミングについて記載しています。

含み益も確定しなければ利益とはならない

長期投資の場合は配当がなくなることや優待廃止など購入に至った理由が覆らなけば含み益が増えようと利確をせずに持ち続けるという選択になりますが、短期・中期投資の場合ではどこかのタイミングで利確をすることを考えなければなりません。
うまく上昇過程でエントリーでき含み益がどんどん膨らんだとしても、上昇過程がいつまで続くのかは分からないため、増加しているどこかのタイミングで利確を考える必要があります。

含み益が膨らんでも確定しなければ利益にはなりません。含み益が増え、その後株価が段々落ちてきて結局買値と同等の価格での売却になってしまうことも多くあります。

高値では売れないと割り切る

誰しもが最も株価が高いタイミングで売りたいと考え、直近でつけた高値まではまだ持っていよう、その後高値が更新されればまだ高くなりそうだから持っていようという考えになるため、結局は高値付近で売却すること自体できないと割り切った方が良さそうです。

上昇過程にある株もどこかのタイミングで流れが変わり下がり始めることは決まっているため、購入した時に利確のタイミングを決めておくことが一番良いのではないかと思っています。

私の場合はスイングトレードの時は10%もしくは20%で利確をすると決めてトレードをするようにしていました。
また、逆指値注文を入れて、利益が上昇するに従いその指値を上げていくことも利益をとりこぼさないための方法として有効であると思います。

含み益が膨らむときの心境

含み益が膨らんで行く時は、もっと上昇するのではないかという考えが先行し強気のトレードをしてしまいがちです。高値付近で更に買い増してしまうなど。
私自身、良い調子で含み益が増えていたことで強気になり、高値で更に株数を追加してしまい結局±0、手数料分マイナスといったトレードを多くしてしまいます。

含み益が膨らみ自分が強気になっているなと感じた時が要注意のタイミングだと最近ではよく思います。

確実な利益確定で資産を増やす

株価上昇のタイミングでエントリーができ含み益が膨らんできた時こそ、今ある利益をとりこぼさないための行動をする必要があります。

やはり欲が出てしまい、株価が下がり始めているのに無理に買い増しや保有し続けると結局利益をとりこぼしてしまうことになります。
長期投資であれば例え含み損となっても配当金などで長期間での収支をプラスにすることが可能ですが、短期・中期間での投資で配当などがない銘柄の場合はそうもいきません。

高値では売れないと割り切り、確実な利益確定で無理せず資産を増やしていくことも株式投資では重要ではないでしょうか。

※株式投資は元本が保証されていません。自己責任で慎重に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました