長期投資に向いている職業、年齢は?

投資手法

長期投資を行うにあたり、向いている職業や年齢についての記事を記載しています。

長期投資をする上で適している職業は何?

長期投資は長期間自分の資金を投資するため余裕資金で行う必要があります。また、長期投資ではドルコスト平均法等を参考として、全資産を一度に使うのではなく一定金額を長期にわたって投資し続けることが望ましいです。
そのため、毎月一定の安定収入があり、そのうちの何割かを投資に回せる方が適していると言えます。自営業の方、サラリーマンの方、パートの収入がある主婦の方などであれば長期投資に向いています。また本業が忙しい方にとっては普段の株の動きを気にせずに始めることもできるため良いと考えられます。

長期間にわたって投資を行い、投資金額を増やしていくため、余裕資金と言っても始める段階で大きな資産を築く必要はありません。

株投資を始める年齢は?

長期投資では、株を長期保有し配当金をもらい続けることで資産を築いていくことが重要です。また、長期間に渡って保有することは購入金額よりも高い価格で売却できるチャンスが多くなります。長期投資ではインカムゲインをメインで考えますが、キャピタルゲインを得られる可能性も高くなります。
このことより20代から30代などの方など、一定の収入が得られるようになったタイミングで始めることが良いと言えます。

定年退職後に始める場合を考えると売却時に購入金額よりも下がっていても売却しなければならないことが想定できるため、始める年齢は早いほど良いです。
反対に年齢が高い人は上場企業への株式投資ではなく、リスクの少ない商品で資産運用することが望ましいと思います。

資金はどの程度必要か?

株式投資は通常100株単位で購入するため、どこかの企業を購入するためには数10万円必要になる場合が多いです。
ただ最近はミニ株など100株単位でなくても購入ができるサービスもあるため、より少額の資金から投資を始めることが可能です。
そのため、長期投資を始めるにあたりまとまった資金は必要ではないです。その代わり毎月いくらか捻出できる安定収入が重要です。

まとめ

この記事では長期投資を始める方の職業と年齢について記載いたしました。
20代から30代で一定の収入がある方は長期投資を始めることを検討してはいかがでしょうか。

長期投資ではいかに長く保有できるかが重要です。
長期保有することで、配当金を長きにわたり得られるだけでなく、購入金額よりも高く売却ができる可能性が高くなるからです。

※株式投資は元本が保証されていません、自己責任で慎重に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました