長期投資におけるコロナウイルスの影響は?

投資手法

コロナウイルスの影響を受ける株式市場、長期投資での立ち回りについて

コロナウイルスの株式市場への影響は?

今年から始まったコロナ禍。春頃に株式市場は大きな打撃を受けました。
そのまま沈んでいくかと思いきや大きく反転上昇ということになり、現在も日経平均は高値を更新している状況です。

それでは今後もこのような状況が続くのか、、、
今は決算シーズンであり多くの企業の決算を見ていますが、やはりコロナを追い風に伸びた企業以上に大きく利益が落ちている、赤字となっている企業が多く見受けられます。
各社来期の予想を出しているところも多いですが、予想通りに進むのかは今後の状況によっても大きく変わるため、どこまで信じていいのかわからないのが正直なところです。

ワクチンの開発に関するニュースも出てきてはいますが、国内の感染者はまた増加傾向が見られ、今後も株式市場はコロナの影響から逃れることは難しいと思っています。

急騰、急落が多くなっている株式市場、長期投資はどうするか?

長期投資と言えば、株を長く持ち続け、配当金などを多く得るで資産を築くことが出来る手法と私は考えています。しかし今回のコロナ禍において、壊滅的なダメージを受けた企業については、株を手放すことをしています。

やはり長期投資といえど自分が想定している以上のことが起きたときは一度立ち止まってこのまま長期投資を続けても良いかを考えるのがいいなと私は感じました。
もちろん答えは出ないのですが、自分の持てる知識などを総動員して、長期投資を続ける若しくはこの株は撤退するといった判断は今後の長期投資への握力につながってくると思ったからです。

握力を高め、本当に持っていたい(持っていても大丈夫)企業のみで自分のポートフォリオを作ることができれば長期投資も成功すると思っているからです。

長期投資を完全にやめる判断は私はしませんが、投資先について見直すいい機会となりました。
この先これ以上にインパクトのあることももちろんあるはずですし、これを期に長期投資を行っている方も保有銘柄の棚卸しをすると面白いかもしれません。

まとめ

この記事ではコロナウイルスの影響を受ける株式市場での長期投資のあり方について記載しました。
不安定な市場環境だから目をつぶる又は逃げるのではなく、しっかりと起きている状況を考察する、そして、適切な銘柄を絞り長期投資にふさわしい企業でポートフォリオを作り直すことが良いのではないでしょうか。

長期投資をしている以上大きな市場変化からは逃れることはできません。その中で勇敢に立ち向かい長期投資を続けることができるか、そして資産を築けるか。。。
こうした市場変化をチャンスと考え、私自身も長期投資に取り組んでいく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました