パソコンの素人がデスクトップゲーミングPC【LENOVO T750i】を購入!無事にセットアップできるか検証

その他
【ちごちゃん】
【ちごちゃん】

かもめさん、最近すごいパソコンを買ったという噂を聞いたよ!

【かもめ】
【かもめ】

ちごちゃん耳が早いね。実はそうなんだよ。

これからはCGやゲームの時代が来ると思って素人なのにハイスペックなゲーミングPCを買ってしまったんだ。

【ちごちゃん】
【ちごちゃん】

(あれアイコンが変わっている・・・)

わたし普通のパソコンしか触ったことないから興味ある!

この記事でわかること

・パソコン素人がデスクトップゲーミングPCを買ってセットアップできたか
・素人目線!ゲーミングPC購入の重要ポイント
・実際にLENOVO T750iを使ってみて
・まとめ

パソコン素人がデスクトップゲーミングPCを買ってセットアップできたか

結果:全く困らずにセットアップできました!

今回購入をしたのはlenovoのゲーミングPCになります。ネットでいろいろ検索をして無難そうであったので選択しました。
ちなみに購入したパソコンの簡単なスペックは下記の通り。

PCスペック

CPU:Core i9-11900K
メモリ:32GB
OS:windows10 home
ストレージ:SSD512GB + HDD2TB
GPU:NVIDIA GeForce RTX 3080 (LHR)

パソコンが届いて開封をすると本体のほかに、簡単なセットアップの説明書、電源コードと謎のコードが入っていました。

この謎のコードを見たときにやはり何か特別なことが必要なのか・・・と不安がよぎりましたが、結果的には電源コードを指してスイッチオンで立ち上がりました。このコードは何かカスタマイズするときに使うのかもしれません。

なんだか色々心配していたのが無駄だったなと思いました。

というわけで、家電屋さんで売っているパソコンしか使ったことがない素人ですが、ゲーミングPCのセットアップについては何も問題なく完了できました。

素人目線!ゲーミングPC購入の重要ポイント

ゲーミングPCを購入する際に、気を付けることや、そもそもCPUやGPUについての知識が何もなかったので一通り調べました。これからゲーミングPCの購入を考えている方はぜひチェックしてください。

素人目線だからこその重要ポイントとなっていると思います。

まずはパソコンに使われている用語等の確認

まず初めにパソコンに使われている構成部品について簡単に確認をしました。

①まず重要な要素がパソコンの頭脳となるCPUとなります。
皆さんも目にしたことがあるcorei3やcorei7などがCPUとなり、この性能が高いほどパソコンの処理能力(エクセルなどで計算させたりする能力?)が高いということになります。

corei3よりもi5、i5よりもi7・・・と後ろの数字が大きいほど性能が良いです。

ただし、このCPUは発売された時期によっても性能が違うようで、corei5であれば必ずcorei3よりも性能が良いかというとそうではないようです。

例えば今回私が購入したパソコンのCPUを見ると「Core i9-11900K」となっています。i9の後ろについている記号の前半部分が世代(販売時期)を表しているようで、私のものは11世代ということのようです。その後ろの900は識別番号?、Kというのが細かい区分けのようで、何も記号がないものよりも少し性能が高いのが”K”となっているようです。

ちなみにCPUの性能については、価格ドットコムのページでCPUスコアというものが表示されているので、こちらの数値を確認するとその能力がわかりやすいと思います。
こうした細かい世代や記号を確認するのは面倒ですしね・・・。

CPUの性能は価格ドットコムやネット検索でその性能を数値で確認する。
(私のCPUであれば、「core™ i9-11900k benchmark」などとブラウザで検索してもらえればその性能が載っているページが検索結果として出ます。)

②続いて重要な要素となるのが、メモリです。
メモリが多いほど同時に多くのソフトを立ち上げて作業をすることができます。

今回私のPCのメモリは32GBとなっています。16GBと悩みましたが、CGソフトを立ち上げ、動画を見ながらなど、色々同時にソフトを立ち上げることを想定して32GBを選択しました。本当は64GBとかあっても良いのかと思いましたが、さすがに予算オーバーでした。

ゲーミングPCはゲームをやることのみを考えているのか?16GBで構成されているものが多かったです。
ちなみに私のノートパソコンは奮発してメモリを16GBにしておりますが、動画視聴やブログ執筆くらいしかしていないのでここまでは必要なかったなという印象です。

メモリはCGソフト、動画、その他ソフトを同時使用する場合には多い方がよい。
32GBあればひとまず安心。

③続いてがゲーミングPCならでは?の構成部品であるGPU(グラフィックボード)となります。
グラボと良く呼ばれていますが、通常のパソコンにはこのグラボが単体で入っておらずCPUに内蔵されているものが使われているようです。

(グラボがないとディスプレイに画面表示することができないため、通常のパソコンではCPUにグラボが内蔵されています)

グラボの性能は(ゲームなどの)CGを綺麗にかつ滑らかに表示させるために必要となります。

ゲームをする上では画質や画面の滑らかな動きが非常に重要となっているので、ゲーミングPCといえば、この独立して搭載されているグラボがないと話になりません。

また私はCG制作もしたいと考えていたのでこのGPUの性能が高いものを選択しました。
グラボの性能については、「グラボ 性能 比較」などのキーワードで検索をすればいろいろなサイトで性能が載っていますのでそれで判断ができると思います。

またCG制作を考えている方、例えば私はブレンダー、UNITY、UEなどを使用したいと考えて現在のPCを買っていますが、それぞれのサイトに行くか、「ブレンダー 必要スペック」などのキーワードで検索をすれば必要なGPUの性能が分かりますので、使用したいソフトが決まっている場合には求められている性能を満たすものを選択すれば良いと思います。

GPU(グラボ)は、綺麗なCGの表示、滑らかな動きをさせるために必要なもの

④最後にストレージについても確認しておきます。

ストレージはデータの保存場所となりますが、SSDとHDDの二つが存在しています。HDDやSSDの中にも性能が良いSSDなどが存在しているようですが、細かい部分は気にせず、HDDよりもSSDの方が早くて静かであるということだけ抑えておけば問題なしです。

今回私のパソコンはSSDとHDDの両方が使われています。使い分けとしては、CG制作物や写真などのデータについてはHDDへ保存、よく使うソフトについては読み込みが早いSSDへインストールという使い分けをしていく予定です。

SSDの容量は1TB欲しかったのですが、lenovoの製品は変更ができなかったので512GBです。まだまだ512GBでも余裕ですが、容量が多いソフトなどを入れたら意外とすぐになくなってしまうのではないかと懸念があります。

しかし、ストレージは外付けのものが販売されているので足りなくなったら買えばいいかと判断しました。

ストレージのSSDはHDDよりも読み込みが早く静かである。少なくともソフトをインストールする分だけの容量があるSSDが搭載されたモデルを選択する。

購入時に気をつけたい重要ポイント6つ

今回ゲーミングPCを購入する際に色々調べた結果、確認しておいてよかった!と思った点をまとめましたので、初めてゲーミングPCを購入される方はご確認ください。

①デスクトップゲーミングPCの場合、wifi機能が付いていないものが多い。

②マウス・キーボード・モニターはもちろんついていないので別途購入が必要。

③インターネットの画面からは伝わってこない本体のサイズ(異常にでかい)。

④納期が非常に長い場合がある。

⑤グラボの性能はノートパソコンとデスクトップパソコンで異なる

⑥セール期間に買わないと価格が高い。

それでは順番にみていきます。 

①デスクトップゲーミングPCの場合、wifi機能が付いていないものが多い。

ノートパソコンであれば当たり前のようについているwifi機能ですが、どうやら日本国内のゲーミングPCにはwifi機能が付いているものがあまりないようです。

(フロンティアといったゲーミングPCを販売しているサイトを見ていましたがwifi未対応となっているものしかありませんでした。)

wifi機能がない場合でも後付け(USB接続)できるものがあるようで、簡単に使用できるようですが、私は内蔵されているものの方が良いと思ったので、内蔵されているものから選択をしました。

買ってから困惑しないようにwifi機能の有無は確認をしておいた方が良いと思いました。

②マウス・キーボード・モニターはもちろんついていないので別途購入が必要。

デスクトップパソコンなので当たり前といえばそうなのですが、マウス・キーボード・モニターも買わなければパソコンとして使用することができません。

私の場合はマウスは使っていたものがあったので流用し、キーボードとモニターを同時に購入しました。

CG作成ソフトのblenderを使う場合はテンキーがあると便利なので、テンキー付きのキーボードでコスパが良さそうなものを選択しました。下は私が購入をしたキーボードですが、決め手はオマケで付いているスマホスタンドです!なんだかんだスタンドはあると便利です。

キーボードの入力も遅延などがなく問題なく使えています。


ロジクール ワイヤレスキーボード K370s

モニターについては私はlenovoのパソコンを買ったので、ついでにlenovoのモニターを購入しました。
購入したモニターは下のものになります。特に拘らずに選びましたが、サイズについては23インチでよかったと思います。ディスプレイの枠も薄いので画面がとても広いです。
27インチと悩んだのですが、普段ノートパソコンを触っている私には23インチでも十分すぎるほど大きいサイズでした。

(27インチだと机のサイズ的にもアウトだった・・・)

またモニターについてはリフレッシュレートというものがあり、ゲーム画面を滑らかに表示するためにこの性能が必要です。こちらはゲームをやることを想定して少し高いものを選びました。144Hzです。1秒間に表示できるフレーム(画像)の数が144枚とのことで、60Hzなどと比べると快適らしいです。

というわけで、モニターについては23インチかつリフレッシュレートが高いものを選んだということになります。


【楽天】で購入

【Yahoo!ショッピング】で購入

③インターネットの画面からは伝わってこない本体のサイズ(異常にでかい)。

デスクトップパソコンは過去に自宅や会社で使用していたので、置くスペースを確保する必要があることは理解していましたが、ゲーミングパソコンの場合はサイズが異常に大きかったです。

本体のサイズは発注をした後にみたのですが、縦横50cm、幅20cmほどのサイズがあります。

メジャーをお持ちの方は一度確認していただきたいですが、本当に大きいです。
机の上に乗せる予定でしたが、全くダメでした。
購入前には一度パソコンのサイズを確認された方が良いです。私のように想定外とならないように・・・

④納期が非常に長い場合がある。

通常の家電屋でパソコンを購入する場合は、店頭であればすぐに購入して帰ることができますし、ネットであっても即納が通常であると思います。

しかし、デスクトップゲーミングパソコンの場合はBTO(build to order)と言われ、基本的には受注生産となっている場合が多いようです。

そのため、場合によっては数ヶ月納品までに時間がかかる場合があるようです。私が購入をしたlenovoのサイトでも、ものによっては納期が2ヶ月と表示されているものがあったりしました。

ちなみに私のパソコンはクレジット決済が上手く通らずに本人確認があったので少し納品までに時間がかかりましたが、2週間弱程度で納品されました。発送スケジュール上は1ヶ月となっていましたが、早く納品されてよかったです。

⑤グラボの性能はノートパソコンとデスクトップパソコンで異なる。

はじめにゲーミングパソコンの購入を考えた時、ノートパソコンでもすごく性能が高いものが多く、デスクトップを購入する必要はないかと思っていました。性能が同じならわざわざ場所をとるデスクトップパソコンを購入する必要はないですしね。

ノートパソコンでもデスクトップパソコンと同様のグラボが積まれているものもあり、同じ性能なのに、あまり値段が変わらないのでノートパソコン一択だと思っていたのですが、良く調べてみると、ノートパソコンとデスクトップに搭載されているグラボは同じ名称でも性能が違うことがわかりました。

私の買ったパソコンのグラボはNVIDIA GeForce RTX 3080 (LHR)というものになりますが、同じ名称のグラボを積んだノートパソコンが存在しています。しかしながらノートパソコンに搭載されているものはラップトップ用ということでノートパソコン用のグラボが積まれています。そのため、同じ名称でも性能が異なるので注意が必要です。

「ラップトップ用 グラボ 性能」などで検索すればデスクトップ用のものと、ラップトップ(ノートパソコン)用のものの性能が載っているサイトが見つかると思います。

今回の私が購入したグラボで見てみると、ノートパソコンに搭載されているGeForce RTX 3080はデスクトップ用のおよそ60%程度の性能のようです。

名前が同じでも性能が全く違う(ノートパソコン用の方が性能が低い)というところは要注意です。

ちなみに今回私が購入したグラボは最後に (LHR)という標記があります。こちらはマイニングの性能に制限をかけたモデルのようです。

LHRについて

仮想通貨を得るために世界中でマイニングということが行われておりますが、このマイニングをするためには性能の高いグラボが必要なようで、マイニング需要のためにグラボの需要も高まっています。
一方で、昨今の半導体不足により、グラボの生産が少なくなっており、マイニング以外のグラボを必要としている人への供給が追いつかなくなったことから、マイニング性能に制限をかけたモデルを販売することになったようです。
そのため現在出回っているゲーミングPCに搭載されているグラボのほとんどがこのLHRとなっているようです。
LHRとしっかり標記がない場合もほとんどがこのLHRというモデルと思われます。

⑥セール期間に買わないと価格が高い。

私は今回ゲーミングパソコンをセール中に購入しました。
セールでは定価よりも価格が非常に安くなるようで、セール中に購入しないともったいないです。
色々なサイトをみましたが、どうやらどこのお店でも年中なんらかのセールは行われいるようなので、時期についてはあまりきにしなくても良いかもしれません。

ただやはりセールの切れ目はあると思うので、セール期間中に購入することは忘れないようにして節約した方が良いと思われます。

実際にLENOVO T750iを使ってみて

購入をしてからおよそ1ヶ月ほど経ちましたが、毎日快適に使用しております。下記に色々な観点でのレビューをまとめました。

普段使っていてストレスがあるか?

ネットサーフィンや動画視聴などを普段よく使っていますが、このあたりは全くもってストレスなく使用できます。オフィスソフトもインストールされているのでたまに使っていますが、こちらもストレスなく使用できています。

また、デスクトップパソコンは起動に時間がかかるかと思っていましたが、そんなことはなく10秒もかからずに立ち上げってくれます。

懸念点として、デスクトップパソコンは大きいので、使用時のファンの騒音などが気になっていたのですが、今のところほぼ無音で動いています。イヤホンなどつけていなくても音が気になったことは一度もありません。

パソコンのグラボ性能はどの程度か

私は最近blenderというCGソフトを良く利用しており、試しにCPU内蔵のグラボとrtx 3080でどの程度性能の差が出るかを検証してみました。

試したのは、あるデータをレンダリングしてみるというものです。
CPU内蔵グラボでレンダリングすると1分ほどかかるデータでしたが、RTX 3080を使ってレンダリングをするとおよそ5秒ほどでレンダリングが終わりました。

圧倒的速度に感動しました。

また、blender サイトにあるデモデータ(Splash Fox)を使用して画像のレンダリングをしてみましたが、こちらはおよそ15秒程度でレンダリングができました。
またビューポートレンダー表示にして動かしてもカクカクならずに滑らかに動かすことができました。

メモリは32GBで十分か

メモリは今回32GBですが、普段使いでは全くもって余裕があります。
blenderで重たいデータを扱っているときやレンダリングをするときには若干メモリの使用量が多くなっているようですが、それでも半分(16GB)使っている程度でした。

ゲーミングPCとしては32GBあれば何不自由がないのかなという印象です。

今後、動画編集など色々なソフトを導入していこうかと思いますが、ひとまずは32GBあれば困ることはなさそうです。

ストレージ容量は十分か

今回のパソコンはSSD512GBと若干SSDの容量はすくないのですが、HDD容量が2TBあるので、データの保管で困ることはなさそうです。

今後導入するソフトが増えるとSSD512GBで足りなくなるかもしれませんが、その時は外付けのSSDを購入することにします。

その他気になったことなど

現状パソコン自体に不満はなく買って良かったという状況です。

また、パソコン本体もスタイリッシュでかっこいいなという印象です。
パソコン本体がLEDでライトアップできるのですが、すべてのLEDを点灯するとなんだか物凄くカッコいい感じです。(電気代がもったいないので普段はLEDつけていませんが)


【短納期】【1/9 20:00-全品P5倍以上】直販 ゲーミングPC Office付き 新品:Lenovo Legion T750i Core i9搭載(32GBメモリ/2TB HDD/512GB SSD/NVIDIA GeForce RTX 3080 (LHR)/モニタなし/Office H&B 2019/Windows10)slc wx

【ちごちゃん】
【ちごちゃん】

なんだかすごいマシンなんだね。

ところでこのパソコンを買うお金どうしたの?

生活費が入っている口座の残高すごく減ってたけど?

【かもめ】
【かもめ】

・・・

まとめ

今回将来への投資として、ゲーミングパソコンを初めて購入してみました。

結果、購入する前は色々と不安もありましたが、セットアップも問題なくできて快適に利用ができているので、高い買い物でしたが思い切って購入して良かったと思います。

皆さんもゲーミングパソコンいかがでしょうか。

私はこれから、メタバース、NFTゲームの世界にどんどん進出をしていこうと思います。

参考: NFTゲームについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました