国内株式と米国株式市場の違い、長期投資先として良いのは?

投資手法

国内(日本)株式と米国株式のこれまでの特徴と違いについてまとめ、長期投資先に適しているのはどちらかについて記載しています。

国内株式市場について

日経平均株価で国内株式市場のこれまでの歴史を見てみると、バブル期を頂点として下落後、何度か立ち上がりを見せるも未だにバブル期の高値を超えることができていません。
現在は日経平均株価バブル時の高値に近づいてきており、近々高値を更新か?またいつものように下がっていくのか?とても面白い展開になってきています。
(これまでにチャートについては証券会社などのページで確認が可能なので興味のある方は確認してみてください)

長期投資目線で考えるとバブル期に株を買いその後に株を購入していない場合は未だに買値まで戻ってきていないということになります。

米国株式市場

NYダウで米国株式市場のこれまでの歴史を見てみると、日本の株式市場と同様に波はあるものの右肩あがりで成長をしていることがわかります。現在も過去最高の高値付近にあり、チャートを見ても値動きが日本の市場とは大きく違うことがわかります。

長期投資目線で考えれば、どの時期に米国株式に投資をしていても基本的には買値を上回っていることが想定されます。

歴史は繰り返す?

これまでの市場の変化をみると日本も米国も多くの危機的に状況を通りながらも二つはそれぞれ違う動きをしていることがわかります。

歴史は繰り返すと言いますが、長期投資を続けるのであれば米国市場が日本の市場よりも望ましいのではないかと考えられます。しかし、米国株の情報は日本では纏まっている書籍もあまりありませんし、あっても限定的な株しか見ることができません。英語が得意な方であれば問題なく情報を集められるかもしれませんが、専門的な文章を読み解くのは困難です。

そこで米国株式に投資をする手段として上場投資信託(ETF)があります。米国の数多くの銘柄に分散投資をするということです。この方法を取れば個別株の情報を調べる必要はありませんし、日本の証券会社から注文をして保有することが可能です。

私もS&P500指数に連動する投資信託を毎月一定額購入しております。纏まったお金がなくてもできますし、何より購入時期を分散させることで市場の荒波のリスクを軽減しています。

米国株式市場への投資を始めるのも有りかもしれません

このページでは日経平均株価とNYダウのチャートから日本と米国の株式市場のこれまでを振り返りました。
未来のことはわかりませんが、歴史は繰り返されることを考えれば米国市場への長期投資がこれからも悪くないのではと私は考えております。もちろん市場が不安定な昨今では今後どのような変化が起きるかわかりませんが、それは過去も同じであったはずです。

大きな市場の変化があったときはいつの時代も過去最悪と言われるものです。それでも米国市場はその荒波を乗り越え成長しづけています。
この点は米国株式市場を投資先とする大きな理由となるのではないでしょうか。

※株式投資は元本が保証されるわけでは有りませんので自己責任で慎重に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました