投資?投機?仮想通貨の近況について

仮想通貨

世の中には投資先として株式、金、ソーシャルレンディングなど多くの投資先がありますが、以前盛り上がった仮想通貨への投資がまた再燃しているようです。
この記事では仮想通貨への投資についてボラティリティや近況について記載をしています。

仮想通貨の種類について

仮想通貨の種類についてですが、最もメジャーなものがビットコイン(BTC)そして、それ以外の仮想通貨で有名なものがイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)となっています。

これら以外にも無数の仮想通貨が世の中にはあります。
また仮想通貨を購入する仮想通貨取引所も多くありますが、上記した仮想通貨は基本的にどこの取引所でも扱っています。
逆にマイナーな仮想通貨を購入するためには海外の仮想通貨取引所などを使用する必要があったり手間が増えます。

マイナーな仮想通貨は突如急騰したりすることがあり投機家達の注目を集めることもありますが、実態がよくわからない会社が発行しているものも多くあるため、購入に関してはそれなりのリスクが伴うことを忘れてはいけないです。

仮想通貨の値動きについて

仮想通貨の値動きは非常に激しいものとなっています。
数時間で20%以上の上昇することも多々ありますし、ネガティブなニュースによって急落することも日常茶飯事となっていると言えます。

仮想通貨の価格については安定しないため、投資先としてではなく投機先として取引をされている方が多くいる印象です。

しかし昨年より仮想通貨を投資先とする機関投資家が多く出てきたことでビットコインなどのメジャー通貨は大きな値上がりを示しています。実際のところ仮想通貨自体がまだ世の中には広く浸透をしていないので投機という印象が拭えないですが、少なくとも前よりは資産を守るための投資先として考える機関が増えてきたということになります。

その証拠にビットコインは以前の急落から価格を回復し、高値を更新している状況です。また以前のように急落が来ることもあると思いますが、その後回復することもまた望めるのではないでしょうか。

投資金額を少額から始めてみる

仮想通貨への投資を本格的に始めるに当たって、やはり少額づつ様子を見ながら取り組む方が良いと思います。
私も仮想通貨の取引を行う様になりましたが金額は10万円程度です。また損切りも決めあまり深追いはせずやっています。

価格の変動が激しいので1時間後に含み益から大きな含み損となっていることも少なくないです。そのため目が離せなく疲れてしまうのでそのうちやめてしまうかもしれませんが、将来仮想通貨が投資先としての安定性が出てくることを願い数十万円程度は長期投資する予定です。

分散投資でリスクを抑えて投資する

仮想通貨など値動きの激しい投資先を考える場合は分散投資先の一つとして考える方が良いと、実際に仮想通貨を購入してみて感じました。
将来的な値上がりを考えるとできるかぎり多く所有しておきたくなるところですが、長期投資を主にやっている私からすると値動きが激しく、資産の多くを使うにはまだ安心できないという印象です。(長期投資するにはストレスが大きいと感じています。)

まとめ

この記事では投資先として仮想通貨を加えることについて記載いたしました。
まだまだ投機としての印象が拭いきれない仮想通貨ですが、以前に比べると投資先としての存在感が増してきていることは間違い無いです。

ただ値動きが激しく保有しているとそれなりにストレスがかかるので少額で様子を見ながら購入を始めるのが良いのではないかと思います。

※株式投資同様、仮想通貨は元本が保証されていないため自己責任で慎重に行う必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました