【入門編】これから株式投資を始めようと考えている人へお勧めの厳選3冊を紹介します

投資手法

この記事では投資を始めたばかりの頃の私が読んだ投資の入門的な本の中から、特に読みやすく知識がなくても理解しながら読むことができた本をいくつか紹介していきたいと思います。
投資本は数え切れないほど販売されているため、どれを購入するか迷っている方の参考となれば幸いです。

株式投資について網羅的に知ることができる1冊世界一優しい株の教科書1年生

こちらの本では株式投資とはそもそも何をすることなのかといった基本的なことから知ることができます。投資をするということはつまりどういうことなのか、そこにあるリスクについてかつての私でも分かるように記載がされていました。

ただ株式投資への入口的な部分が書かれているわけではなく、下記のような内容についてバランス良く記載がされています。

  • チャートの見方(ローソク足の見方とローソク足が示している意味など)
  • 実際の証券口座で取引を行う手引き(具体的な画面で注文の方法、注文の種類についてなど)
  • テクニカル指標の種類と使い方、ファンダメンタル分析で使用する指標の意味
  • 銘柄情報の集め方について

入門的な書籍は数多くありますが、株式投資をこれから始めようという方向けに必要な情報が網羅的に記載されており、何より簡単に理解できるように書かれています。
また、テクニカル指標・ファンダメンタル分析についても入門書と言えど代表的なものについて詳しく使い方・意味が示されているので、私自身何度も読み直しをしてこれらについて勉強をしました。

一度読んでお終いとはならずにいまだに何度も読み直しており、非常に中身のある本であると感じています。

投資先の企業は健全であるか、判断ができるようになる1冊はじめての人の決算書入門塾

タイトルにあるとおり決算書の読み方を学ぶことができる1冊となっています。株式投資を始めると企業の決算書を見る機会が増えます。決算書を読めればその企業の財務が健全であるか(倒産リスクはないか等)知ることができます。そして、決算書が読めればファンダメンタル分析ができます。
初めから投資信託の積立しか考えていないという方であれば必要がないかもしれませんが、個別銘柄の購入を少しでも考えている方はこちらの本で決算書の読み方を学んだ方が良いと感じます。

こちらの本は決算書に記載されている各項目についての説明が記載されているのですが、ストーリー仕立てとなっており、仮想の企業の決算書を参考として説明が進んでいくので読みやすい一冊となっていました。
基本を学ぶことができるので、各企業の財務健全性・成長性など今まで理解できなかった部分が見えるようになり、将来有望・健全な企業を判断できるようになります。

こちらの本は素人である私も十分理解しながら読み進めることができました。また忘れてしまった項目について読み直す際も目次から容易に調べることができます。決算書の中身をまだ理解できない方、覚えなおしたい方にお勧めの1冊です。

今後の株価はどう変化する?チャートの形から予測する手法を学べる1冊株の技術大全

こちらの本では主にチャートの形から今後の株価がどのように変化していくか予測する手法を学ぶことができます。そして、どのタイミングでエントリーするか、利益確定をどのタイミングで行うかについても記載がされているのでとても勉強になりました。特に利益確定のタイミングは難しいので参考になりました。
ひとつ前に紹介した本はファンダメンタルの本でしたが、こちらはテクニカル分析の本となります。

主に移動平均線を使用して、安値や高値に着目して今後の株価の変化を予測する法則が紹介されています。
テクニカル指標はいくつもありシンプルなものから複雑なものまであります。この本ではテクニカル指標としてはシンプルな移動平均線を主に使用しているのでテクニカル分析について知識がない方でも読みやすいと思います。そして、紹介されている法則などについて実際の企業のチャートを使用して説明がされているので、どのようなチャートを指しているか非常にわかりやすかったです。

シンプルながら奥の深い移動平均線を使用したテクニカル分析を学びたい方におすすめの1冊です。

入門編おすすめ投資本 まとめ

こちらの記事ではこれから株投資を始めようと考えている方、始めたばかりで銘柄選びや売買タイミングの考え方がわからない方向けに、素人の私でも容易に理解でき読み進めることができたお勧め本を3冊紹介いたしました。

1冊目は株式市場全般に関して学ぶことができる本、2冊目はファンダメンタル分析のための本、3冊目はテクニカル分析のための本です。これら3冊を読めば株式投資に関するベースの部分を一通り学ぶことができると思います。

株式投資に関して入門的な本をお探しの方がいましたら参考になれば幸いです。

※株式投資は元本が確保されているものではありません。自己責任で慎重に行ってください。

タイトルとURLをコピーしました